misc ケモノ

「よそおうのこれから」のトークに出演しました

投稿日:

以前インタビューをしてくださった伊藤亜紗さんからお呼びいただき、「ART THINKING WEEK 2022 〜よそおうのこれから〜」のスペシャルトークのゲストの一人としてトークイベントに参加してきました!

アーカイブ配信はこちらから→https://www.youtube.com/watch?v=XdfYdM4KEmE

「ART THINKING WEEK 2022 〜よそおうのこれから〜」は2022/8/20(土)〜8/28(日)に渋谷で開催されたアートイベントで、様々な展示とワークショップ/トークが開かれていました。

ART THINKIN WEEKのねらい
1.「よそおう」を通じて社会と個のこれからを問う。
2.アートとビジネスのこれからの結び目をつくる。
3.こどもとアートのこれからの結び目をつくる。

ぼくが参加したトークは以下です。

タイトル:『身を変えて生きる術』
・時間 2022/08/22  20:00-21:30
・場所 渋谷QWS
・登壇者 伊藤亜紗、津野青嵐、ばけも/ランピィ、若宮和男

簡単な内容

伊藤亜紗

  • よそおうとは身体のエンジニアリング方法の一つ
  • 人工物と自身が一体となる感覚
  • 自然と人工物の境目は案外曖昧
  • 分身ロボット→写真を撮られると自分を撮られている気がする

津野晴嵐

  • 看護師として働きながら伊藤研で研究中
  • 服飾の通常の教育は受けていない衣装アーティストとしても活躍中
  • 自虐マンガ→白塗り→衣装製作という変遷で自分を見つめる
  • 白塗りは自分が教祖になっていくような感覚があり、自分の感覚と合わなかったので辞める

ばけも/ランピィ

  • ランピィの姿として出演
  • ケモノ着ぐるみを身にまとって活動をしている人たちがいる
  • ケモナーの一人、ただし全てのケモナーが着ぐるみで活動しているわけではない
  • 着ぐるみを着ているとき、自分と一体となっている感覚←別の姿になりたいという欲求
  • さらには人間の姿ではない機関(狐耳や尻尾など)が実際にある感覚を得る

フリートーク

3人からの発表の後、フリートークとして意見交換を実施しました

感想

トーク内容はぜひ聞いて、自身で考えを巡らせてもらえると。
個人的には、ランピィの姿(着ぐるみの姿)で違和感なく人間社会に溶け込めた感じがしたのがとてもよかったです。
特によそおうということで自分に手を入れる/自分と出会うということを考えている人たちだったからこそ居心地がよかったのかも。
自身の活動が面白いと思ってもらえ、内面をもっと知りたいと思ってもらえたことも大変うれしかったです。

アーカイブ配信はこちらから→https://www.youtube.com/watch?v=XdfYdM4KEmE

また、もしご興味を持った方がいらっしゃいましたらいつでもご連絡ください。

連絡先

ぜひばけも/ばけねこ/ランピィと何かを一緒にやってみたいという方がおりましたら、下記TwitterのDMもしくはメールで連絡ください。

Twitter: https://twitter.com/_bkmgr
Email:

OFUSE

AdSense

-misc, ケモノ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

[小説]ランピィの話/ソルの話

小説を投稿しました!今回はぼくのファーソナ、ランピィをモデルにしたシリーズ「ランピィの話」の第1話として、「ソルの話」です。感想もお待ちしております!どうぞよろしくお願いします~ https://ka …

もふもふ文学特集にケモノ文学の可能性をみる

文藝2021夏号にて「もふもふ文学」が特集されました。 リンク 今回は「もふもふ文学」とケモノ文学の関係について紹介したいと思います。 特集「もふもふ文学」 獣と家畜――我らに先んじて存在したもふもふ …

[ブックレビュー]着ぐるまーよ、利他的であることに自信を持て!

今日は「『利他』とは何か」という本のレビューをします。 リンク 「利他」とは、文字通り「他人に利益がある」ようなことを指します。 深刻な危機に直面したいまこそ、互いに競いあうのではなく、「他者のために …

jmof

ここ最近のケモノコミュニティの変化(コロナ情勢の影響)について

まとめ ネガティブな意見ではなく、単純になんとなく変わってきたなあという感覚を明文化してみたケモノコミュニティはよりパッシブなコミュニケーションが増えたコロナによりイベントが減ったからかもしれないし、 …

no image

ケモノ文化の立場の変化とこれから

ちょっと話題としては古いが、欧米を中心にケモノ文化に対するバッシングが続いている。その動きは日本国内にも波及しつつあり、他人事ともいえない。問題の中心になっているのはケモショタ(少年体型のケモノキャラ …

PAGE TOP