ばけもトレース 映画

ばけもトレースその12:映画編4、ラース・フォン・トリアー「メランコリア」

投稿日:2021年2月13日 更新日:

振り返り企画、映画編です。
過去に見た映画を再視聴して、簡単にレビューしていきます。

映画はぼくを作っている大事な要素のひとつ。
できれば映画館で見て、音、映像、空気、すべてを味わいたい!
映画はストーリーだけでなく、空間そのものを演出しているものだと思ってもらえるような紹介をしていきたいです。

「メランコリア(原題:Melancholia)」
監督:ラース・フォン・トリアー
脚本:ラース・フォン・トリアー
公開年:2011
制作国:デンマーク

ラース・フォン・トリアーはぼくの大好きな監督で、「ダンサー・イン・ザ・ダーク」という作品がカンヌ映画祭でパルムドール(最高作品賞)を受賞したことでも有名です。
「ダンサー・イン・ザ・ダーク」は同時に鬱映画としても有名ですね。
こちらの「メランコリア」はその作品よりも後に撮られた作品で、以前の作品における、世の中や自然の大きさに対する、一人一人の人間のむなしさやはかなさの表現が、より一層強く反映されています。

この作品はSF作品となっており、超巨大惑星「メランコリア」が地球に激突し、世界が滅亡するときを、ある姉妹のみにフォーカスを絞って描いています。
前半部は姉の結婚式のシーンといるのですが、精神疾患の発作により台無しにしてしまい、結婚もなくなってしまいます。
後半部は更に姉の病気が悪化し、療養のために妹の旦那の別荘で療養しているシーンとなっています。
だんだんと「メランコリア」が接近し、妹はパニックに陥ってしまうのですが、その反面で姉は冷静に現実を受け入れるのです。
なお、この描写は監督のラース・フォン・トリアー自身がうつ病を患った際に聞いた、「うつ病患者は健常者より現実をありのままに認識できる」ということがもとになっています。

ストーリーもさることながら、映像と音楽が非常に美しいところも見所です。
自然の超現実的な美しさに圧倒され、世界の滅亡がちっぽけなことのようにも感じられます。
世界の滅亡というとパニックがつきものなのですが、こんな壮大で美しい終末もよいのではないでしょうか。

OFUSE

AdSense

-ばけもトレース, 映画

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

no image

ばけもトレースその21:音楽編6、My Bloody Valentine「Loveless」

振り返り企画、音楽編です。持っているCDを改めて鑑賞して、簡単にレビューしていきます。 ぼくにとって大事な要素2つめは、音楽。ダウンロードやストリーミングで聴くこともありますが、CDを買うのも大好きで …

ばけもトレースその15:ケモノ編4、2019年その1

振り返り企画、ケモノ編です!今までのケモノに関わる遍歴をお話できれば思います。 ぼくがケモノに主軸を置いて活動している事が多いので、このブログを読んでくれている人の多くの人はケモナーかな?今まで映画、 …

ばけもトレースその20:ケモノ編6、2019年その3

振り返り企画、ケモノ編です!今までのケモノに関わる遍歴をお話できれば思います。 ぼくがケモノに主軸を置いて活動している事が多いので、このブログを読んでくれている人の多くの人はケモナーかな?今まで映画、 …

no image

ばけもトレースその2:音楽編1、エレクトロニカについて

振り返り企画、音楽編です。持っているCDを改めて鑑賞して、簡単にレビューしていきます。ぼくにとって大事な要素2つめは、音楽。ダウンロードやストリーミングで聴くこともありますが、CDを買うのも大好きです …

no image

ばけもトレースその3:小説編1、佐藤正午「アンダーリポート/ブルー」

振り返り企画、小説編です。以前読んだ小説を読みかえして、簡単にレビューしていきます。 ぼくにの3つめの大事な要素は、小説。小説は小さい頃からよく読んでいて、ぼくの妄想力とか考え方の基礎になっています。 …

PAGE TOP