ばけもトレース 音楽

ばけもトレースその17:音楽編5、aus「Light in August, Later」

投稿日:

振り返り企画、音楽編です。
持っているCDを改めて鑑賞して、簡単にレビューしていきます。

ぼくにとって大事な要素2つめは、音楽。
ダウンロードやストリーミングで聴くこともありますが、CDを買うのも大好きです。
家でCDを再生するときはイヤホン・ヘッドホンではなくスピーカーで聴くのもちょっとしたこだわり。
少しでもこんな音楽があるんだと知ってもらえればうれしいです。

「Light in August, Later」
アーティスト:aus
発売:2009

今まで海外のアーティストを紹介してきましたが、日本にもエレクトロニカアーティストは多数います。
その中でも、ausは日本を代表するアーティストと呼んでも過言ではないでしょう。
独特な空気感、サンプリングの手法は、多くのフォロワーを生むほど完成されています。

本アルバムは、最近は作曲での活動がほとんど聞かれなくなってしまったausのCDの中では最近のものになります。
一言で表すなら、「透明」。
全曲を通して透き通った音色が響き、アルバムタイトル通り、8月後半、ちょっと暑さも落ち着いてきたころにのんびり聴くのにぴったりです。(もちろん今聴いたって問題ないけど!!!!)

一つ目のおすすめ曲はTrack. 6 “Opened”
歌もののエレクトロニカです。
アコースティックな楽器の音と、cokiyuの透き通るような声が見事に調和して、一つの世界を表現しています。
歌が無い曲はちょっと…と思っていた方、ぜひこの曲を聴いてみてください。

もう一つのおすすめ曲はTrack. 8 “A World of Duzzle”
ノイズ音、ピアノ、ストリングスによって広がっていく世界。
美しくもはかなさを感じさせるメロディーの先に、希望を希望を感じさせます。
ausの世界にずっと浸っていたい人におすすめ。

-ばけもトレース, 音楽

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

no image

ばけもトレースその10:音楽編3、Global Communication「Transmissions」

振り返り企画、音楽編です。持っているCDを改めて鑑賞して、簡単にレビューしていきます。 ぼくにとって大事な要素2つめは、音楽。ダウンロードやストリーミングで聴くこともありますが、CDを買うのも大好きで …

no image

ばけもトレースその12:映画編4、ラース・フォン・トリアー「メランコリア」

振り返り企画、映画編です。過去に見た映画を再視聴して、簡単にレビューしていきます。 映画はぼくを作っている大事な要素のひとつ。できれば映画館で見て、音、映像、空気、すべてを味わいたい!映画はストーリー …

no image

ばけもトレースその16:映画編6、アンドレイ・タルコフスキー「惑星ソラリス」

振り返り企画、映画編です。過去に見た映画を再視聴して、簡単にレビューしていきます。 映画はぼくを作っている大事な要素のひとつ。できれば映画館で見て、音、映像、空気、すべてを味わいたい!映画はストーリー …

no image

ばけもトレースその3:小説編1、佐藤正午「アンダーリポート/ブルー」

振り返り企画、小説編です。以前読んだ小説を読みかえして、簡単にレビューしていきます。 ぼくにの3つめの大事な要素は、小説。小説は小さい頃からよく読んでいて、ぼくの妄想力とか考え方の基礎になっています。 …

ばけもトレースその26:ケモノ編8、2021年

振り返り企画、最終回です。ここまで1ヶ月間、毎日更新にお付き合いくださりありがとうございました。 2021年、始まって2ヶ月が過ぎ去ろうとしています。新型コロナウイルス流行の影響はだんだんと収束への道 …

PAGE TOP