ばけもトレース 音楽

ばけもトレースその24:音楽編7、Orbital「Wonky」

投稿日:

振り返り企画、音楽編です。
持っているCDを改めて鑑賞して、簡単にレビューしていきます。

ぼくにとって大事な要素2つめは、音楽。
ダウンロードやストリーミングで聴くこともありますが、CDを買うのも大好きです。
家でCDを再生するときはイヤホン・ヘッドホンではなくスピーカーで聴くのもちょっとしたこだわり。
少しでもこんな音楽があるんだと知ってもらえればうれしいです。

「Wonky」
アーティスト:Orbital
発売:2012

今日はテクノ界の重鎮からOrbitalの紹介です。
イギリスの1990年代に、ケミカルブラザーズやアンダーワールドといったアーティストらと一時代を築いたアーティストの一ユニットです。
2004年に一度活動停止をしますが、その後は不定期に活動再開とアルバムのリリースを行っており、本アルバムは2012年に活動を再開した際にリリースしたものになります。

オービタルのサウンドは正統派テクノとして様々なものがアルバムがありますが、本アルバムは明確なサウンド、ポップな曲調が特徴的です。
聴いているとテンションが上がる曲ばかりです。
テンションの高い曲といえば高BPMだろ!と思ってる人もいると思いますが、こういったテクノもまたよいものです。

Track. 1 “One Big Moment”
1曲目にふさわしいこれから何かが始まる!というものを感じさせるトラックです。
静かな声ネタから始まり、徐々に盛り上がりを高めていきます。
声ネタに日本語が混ざっているのがなんかうれしくなりますね。

Track. 3 “Never”
透き通るような浮遊感のあるサウンドの上に楽しげなメロディーが奏でられる曲です。
オービタルの曲の特徴であるわかりやすいメロディーラインが耳に残ります。
低音と高音の心地よいです。

Track. 9 “Where Is It Going”
オリジナル版の最後の曲ということで、どこか寂しさを感じさせるようなフレーズが特徴的です。
寂しさとともにどこかこれからの希望を感じさせるようなメロディーもあり、最後にふさわしい曲です。
ばけもトレース音楽編もこの曲とともに終わりにしたいと思います。

-ばけもトレース, 音楽

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

no image

ばけもトレースその2:音楽編1、エレクトロニカについて

振り返り企画、音楽編です。持っているCDを改めて鑑賞して、簡単にレビューしていきます。ぼくにとって大事な要素2つめは、音楽。ダウンロードやストリーミングで聴くこともありますが、CDを買うのも大好きです …

ばけもトレースその15:ケモノ編4、2019年その1

振り返り企画、ケモノ編です!今までのケモノに関わる遍歴をお話できれば思います。 ぼくがケモノに主軸を置いて活動している事が多いので、このブログを読んでくれている人の多くの人はケモナーかな?今まで映画、 …

no image

ばけもトレースその17:音楽編5、aus「Light in August, Later」

振り返り企画、音楽編です。持っているCDを改めて鑑賞して、簡単にレビューしていきます。 ぼくにとって大事な要素2つめは、音楽。ダウンロードやストリーミングで聴くこともありますが、CDを買うのも大好きで …

no image

ばけもトレースその7:小説編2、ロバート・F・ヤング「たんぽぽ娘」

振り返り企画、小説編です。以前読んだ小説を読みかえして、簡単にレビューしていきます。 ぼくの3つめの大事な要素は、小説。小説は小さい頃からよく読んでいて、ぼくの妄想力とか考え方の基礎になっています。ケ …

ばけもトレースその26:ケモノ編8、2021年

振り返り企画、最終回です。ここまで1ヶ月間、毎日更新にお付き合いくださりありがとうございました。 2021年、始まって2ヶ月が過ぎ去ろうとしています。新型コロナウイルス流行の影響はだんだんと収束への道 …

PAGE TOP