ばけもトレース ケモノ

ばけもトレースその19:ケモノ編5、2019年その2

投稿日:2021年2月21日 更新日:

振り返り企画、ケモノ編です!
今までのケモノに関わる遍歴をお話できれば思います。

ぼくがケモノに主軸を置いて活動している事が多いので、このブログを読んでくれている人の多くの人はケモナーかな?
今まで映画、音楽、小説と紹介してきましたが、ケモノもぼくにとって大事な要素です!

JMoF 2019を経て更に交流の幅が増えた2019年中旬。
二つの大きな出来事がありました。

一つ目が、ランピィ(通称草原ランピィ)の誕生。
自分自身の着ぐるみがどんなものなのかまず考えました。
そこで思ったのが、それはぼくのもう一つの姿、すなわちファーソナになるだろうということ。
ぼく自身と近ければ近いほどよいと思いました。
そこで、ぼくのことをよく知っている、親交の深いデザイナーである竹藤狐にデザインを依頼しました。
そこでのリクエストはアメリカの離島にのみ生息するシマギツネをモチーフにして、ぼくをデザインしてほしい、ということ。
シマギツネを選択したのは地理的に世間とは乖離しているというところと、キツネというちょっとひねくれつつも人を魅了するという精神性にぼくに近しいものを感じたためです。
何度かのやりとりの後、素晴らしいデザインをいただきました。

ランピィという名前もこのやりとりの間に生まれたもの。
スリングショット(パチンコ)を使うという設定がついたためです。
スリングショットはフランス語でLance-pierre(ランス=ピエール)、略してLanpy(ランピィ)です。
このちょっと変わった武器を持っているのもぼくらしく、気に入っています。

ちなみにこのデザインが草原ランピィと呼ばれるのは、もう少しあとの話。

もう一つがJMoF実行委員会のスタッフになったことです。
様々な交流をしていく中で、こんなことがあったら、ということを聞いたり自分で考えることが多くなりました。
ぼくの一番の願いはケモノコミュニティの人たちの、一人でも多くの人に希望と喜びを伝えること。
簡単にいえば、楽しく過ごしてほしい。
これを実現する方法の一つがJMoF実行委員会のスタッフになることでした。

現在でも所属していますが、この考えは今も変わっていません。
スタッフ外での活動の理念もここにあります。

OFUSE

AdSense

-ばけもトレース, ケモノ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

[小説]ランピィの話/レンの話

小説を投稿しました!ランピィをモデルにしたシリーズ「ランピィの話」の第2話として、「レンの話」です。感想もお待ちしております!どうぞよろしくお願いします~ https://kakuyomu.jp/wo …

no image

ケモノ文化の立場の変化とこれから

ちょっと話題としては古いが、欧米を中心にケモノ文化に対するバッシングが続いている。その動きは日本国内にも波及しつつあり、他人事ともいえない。問題の中心になっているのはケモショタ(少年体型のケモノキャラ …

no image

ばけもトレースその11:ケモノ編3、2018年その2

振り返り企画、ケモノ編です!今までのケモノに関わる遍歴をお話できれば思います。 ぼくがケモノに主軸を置いて活動している事が多いので、このブログを読んでくれている人の多くの人はケモナーかな?今まで映画、 …

もふもふ文学特集にケモノ文学の可能性をみる

文藝2021夏号にて「もふもふ文学」が特集されました。 リンク 今回は「もふもふ文学」とケモノ文学の関係について紹介したいと思います。 特集「もふもふ文学」 獣と家畜――我らに先んじて存在したもふもふ …

no image

ばけもトレースその21:音楽編6、My Bloody Valentine「Loveless」

振り返り企画、音楽編です。持っているCDを改めて鑑賞して、簡単にレビューしていきます。 ぼくにとって大事な要素2つめは、音楽。ダウンロードやストリーミングで聴くこともありますが、CDを買うのも大好きで …

PAGE TOP