ばけもトレース ケモノ

ばけもトレースその19:ケモノ編5、2019年その2

投稿日:2021年2月21日 更新日:

振り返り企画、ケモノ編です!
今までのケモノに関わる遍歴をお話できれば思います。

ぼくがケモノに主軸を置いて活動している事が多いので、このブログを読んでくれている人の多くの人はケモナーかな?
今まで映画、音楽、小説と紹介してきましたが、ケモノもぼくにとって大事な要素です!

JMoF 2019を経て更に交流の幅が増えた2019年中旬。
二つの大きな出来事がありました。

一つ目が、ランピィ(通称草原ランピィ)の誕生。
自分自身の着ぐるみがどんなものなのかまず考えました。
そこで思ったのが、それはぼくのもう一つの姿、すなわちファーソナになるだろうということ。
ぼく自身と近ければ近いほどよいと思いました。
そこで、ぼくのことをよく知っている、親交の深いデザイナーである竹藤狐にデザインを依頼しました。
そこでのリクエストはアメリカの離島にのみ生息するシマギツネをモチーフにして、ぼくをデザインしてほしい、ということ。
シマギツネを選択したのは地理的に世間とは乖離しているというところと、キツネというちょっとひねくれつつも人を魅了するという精神性にぼくに近しいものを感じたためです。
何度かのやりとりの後、素晴らしいデザインをいただきました。

ランピィという名前もこのやりとりの間に生まれたもの。
スリングショット(パチンコ)を使うという設定がついたためです。
スリングショットはフランス語でLance-pierre(ランス=ピエール)、略してLanpy(ランピィ)です。
このちょっと変わった武器を持っているのもぼくらしく、気に入っています。

ちなみにこのデザインが草原ランピィと呼ばれるのは、もう少しあとの話。

もう一つがJMoF実行委員会のスタッフになったことです。
様々な交流をしていく中で、こんなことがあったら、ということを聞いたり自分で考えることが多くなりました。
ぼくの一番の願いはケモノコミュニティの人たちの、一人でも多くの人に希望と喜びを伝えること。
簡単にいえば、楽しく過ごしてほしい。
これを実現する方法の一つがJMoF実行委員会のスタッフになることでした。

現在でも所属していますが、この考えは今も変わっていません。
スタッフ外での活動の理念もここにあります。

OFUSE

AdSense

-ばけもトレース, ケモノ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

[小説]尻尾の先から世界とつながる

小説を投稿しました!今回は「着ぐるみを初めてお迎えした人が初めて着ぐるみを着る」話です!どうぞよろしくお願いします~ https://kakuyomu.jp/works/168164522197150 …

ケモノストーリーコンテスト2022全応募作品レビュー

ついにケモノストーリーコンテスト2022の全応募作品が公開されましたね!たくさんの作品があるのでどの作品を読んだらいいか困ってる、なんて人もいるんじゃないでしょうか?そこで今日のブログ更新は全応募作品 …

JMoF2022おつかれさまでした

今更ですがJMoF2022おつかれさまでした。今年も企画班スタッフとして参加してました。あんま来なかったのですが質問箱に質問を募集したのでそれに回答したいなと思います。 Q. 数年後に着ぐるみ工房カタ …

けもケット10新刊・日本のケモノ着ぐるみ工房カタログ 2021年版

通販やってます!!→https://alice-books.com/item/show/9343-2 「日本のケモノ着ぐるみ工房カタログ 2021年版」 を、けもケット10新刊として、アリスブックスに …

no image

ばけもトレースその14:映画編5、アレ・アブレウ「父を探して」

振り返り企画、映画編です。過去に見た映画を再視聴して、簡単にレビューしていきます。 映画はぼくを作っている大事な要素のひとつ。できれば映画館で見て、音、映像、空気、すべてを味わいたい!映画はストーリー …

PAGE TOP